フルーツ石鹸とは

お肌にも旬の果物を・・・

果物のみずみずしさ。旬だからこその、新鮮さと美味しさ。 そこに人々の感動がある・・・ 食べるだけではなく、フルーツのもつ本当の自然の力を活かしたい。 そんな思いから出来た石鹸です。

ヨーグルトを食べるときってどんなとき?

一般的には整腸や美容のために。

腸の中には腸内常在菌が住んでいて、ヨーグルトがその菌達に活力を与え整腸・美容へと導きます。

肌も同様。肌にも皮膚常在菌という菌がいます。

この石けんに含まれている果物の糖分がこの菌達に活力を与えます。
菌の活性化によってお肌本来の免疫力を呼び戻します。
肌が正常化すれば、潤いも戻ってくるという考えにもとづいて
私たちは、この石鹸をつくっています。

フルーツソープの泡でお肌に活力を

ボディ手洗いをお勧めしています。 「Fruit Soap」をよく泡立ててください。 そしてその泡を使い、指先のお腹の部分で体を洗ってください。 タオルやスポンジで肌を擦ると肌を傷つけてしまい、肌トラブルの原因になります。 ボディ手洗いは、必要としない汚れや老廃物を落とすだけなので 必要以上なお肌の洗浄を回避することができます。 「Fruit Soap」の泡とボディ手洗いで、お肌の潤いやしっとり感を呼び戻してみませんか?

「つくる」という考え

「つくる」ことは自分の考えの表現。

手作りの良さ。
手でしかつくり出せない感覚を大切に。

実は、身近にある石けんのそのほとんどが、「機械練」「枠練」という機械で、もしくは型枠に流し込んで無機的に大量に生産されたものです。

私達が大切にしたいのは「つくる」際に感じる素材の質感やコンディション、天候や気温や湿度など、すべてを感じてその思いをこめるということ。

その1つ1つに命を吹き込むかのように・・・。

だから、いちどに多くはつくれません。そして、ひとつひとつが手作りだからこそ、それぞれの表情があります。

熟成も大切です。

ワイン同様、「Fruit Soap」にも熟成期間があります。
「Fruit Soap」を手で形を整えた後、
最低でも約2ヶ月ほどの乾燥・熟成期間があります。

「Fruit Soap」を手にすると、「しっくりくる」感じがします。
肌と一体感を持つような、やさしい感覚です。

熟したからこその、手触りです。
また、その泡立ちも肌になじみ「円熟」というのを感じることができます。

信頼できる石鹸工房との出会い

わたしたちは、安心してつくってくれる石鹸工房との出会いにより「Fruit soap」をつくることができました。

山形県庄内町の石鹸・化粧品製造会社「ハーブ研究所SPUR」。
日本でも数少ない、手ごね製法で石鹸をつくっている会社です。
ここで、果物たちは「Fruit soap」に生まれ変わります。

素材はシンプル。
石鹸素地、白樺樹液、そして山形県内で収穫された完熟果実。
シンプルさ故に、手づくり故に、つくるのは難しい。

その日の天気、気温、湿度、素材の状態。そのすべてを感じてつくらなければならないから。
私たちSakura soapは、山澤氏の考える循環型農業・こだわりの化粧品づくりに賛同。
私たちの思いをのせて「Fruit soap」は実現できました。

ハーブ研究所SPUR代表 山澤清氏