乾燥時期に気をつけましょう

秋から冬にかけて、空気が乾燥する季節になってきましたね。
これからの時期、乾燥肌に悩む方も多いのではないでしょうか。
皮膚の水分を保つ角質層が空気の乾燥により水分不足となり、皮膚の表面が固くなり、皮がむけたりひび割れをおこします。
かゆみなどをともなう場合は、早めの専門医での受診をおすすめいたしますが、その前に予防として私たちができることはやっておきましょう。

ぜったいに避けたいのは「肌を洗いすぎること」です。
入浴時に、体をゴシゴシ洗うことは肌に逆にストレスを与えていることになります。
できるだけ石鹸を泡立てて、やわらかい布や手洗いなどで優しく肌を洗うようにしてください。
また、熱いお湯は皮脂を奪いますので、できる限りぬるめのお湯を心がけましょう。
秋の長夜、ゆっくりお風呂に入りたい方もいらっしゃるかもしれませんが、実は長時間の入浴でも皮脂が失われますので、適度な時間(10分~15分程度)を目安としましょう。
お風呂上りには、保湿のお手入れも忘れずに。

この時期は特に肌をいたわってあげましょう。

肌をいたわりたい方におすすめ
さくらんぼ石鹸