乾燥肌の方にもおすすめフルーツ石鹸

乾燥肌に大事なのは「洗いすぎない」こと

乾燥肌の場合、最も肌に負担をかけるのは「洗いすぎる」ことです。
市販されるボディーソープなどには、肌に付着した汚れをより簡単に落とせるように洗浄力が強いものがあります。
それらを繰り返し使用すると、肌が本来持つバリア機能を壊し、必要な油分や水分をとどめることが難しくなります。

sakura soapのフルーツ石鹸は、植物由来の天然成分でできた石鹸です。
使用している石鹸素地も、パームオイル・ココナッツオイルの植物油脂を原料に用いて鹸化したものです。
強い洗浄力を持つ石油由来の合成界面活性剤(合成洗剤など)に比べ、肌への刺激も少なく、本来必要な成分を残し、健康肌を保つように設計しています。

なぜ「フルーツ」石鹸なの?

フルーツには多くの「多糖体」を含んでいます。 これは人間の免疫力を高める成分で、肌の自然治癒力や活力を助ける作用があると言われています。 天然由来の成分により、肌に余計な負担をかけずに、正常な肌を持続することを目指しています。 また、さくらんぼには、アントシアニンやフラボノイドのようなポリフェノールも含まれていますので 美肌にもよいとされています。

乾燥が進む冬季は、ボディー用としてもお薦めです

sakura soapの石鹸は、全身にもお使いいただけます。
乾燥が進む冬季は、特に皮膚が薄い部分などは、カサカサしやすくなりますので悩む方も多いですよね。

そんな季節には、ぜひsakura soapの石鹸をお使いください。
私たちがお薦めする洗い方は「手のひら洗い」。
タオルやネットで体を擦ると、バリア機能が低下した肌には負担がかかり、傷をつけてしまいかねませんので、洗い方にも気を遣いましょう。
おすすめの洗い方は、次の二つ。

オススメの洗い方①:ネット等で立てた泡を肌に優しくぬる
まず、市販の泡立てネットやスポンジなどを使って、石鹸の泡を立てて見ましょう。
sakura soapの石鹸は、すぐにふわふわの優しい泡が出来上がります。
その泡を肌に乗せてください。手のひらで優しくのばしていくと、スルスルと泡がなくなりますが、そのまま満遍なく肌を撫でていきましょう。
乾燥した肌をゴシゴシと洗ってしまうと、傷をつけてしまいますのでご注意を。
軽く手で撫でるように洗うだけでも、必要最低限の汚れを落とすことが可能です。洗い終わりましたら、シャワーでさっと流してください。さっぱりとした洗い上がりがわかります。

オススメの洗い方②:肌に石鹸をそのまま乗せてくるくると回すように撫でる
いったんシャワーで肌と石鹸をさっとぬらした後、軽く石鹸を手のひらで回し、滑りやすくなるように少しだけ泡を立てます。
石鹸を優しく肌に乗せて、クルクルと回していきましょう。大きな泡ではありませんが、小さな気泡が少しづつ出てきます。コツとしては、「ついたかな?ついてないかな?」くらいに、うっすらとのせることです。
sakura soapの石鹸は、それだけで十分です。部分的に泡がついたら、そこから手でならしていくだけでもOK。全身についたらあとはお湯で流すだけ。
時間のない方にもお薦めの洗い方です。

他にも、こんな洗い方がオススメ!という方法がございましたら、ぜひお知らせくださいませ^^


おすすめ商品